忍者ブログ
本家サイト「Queen of the Night」の更新情報や日々の戯言・ゲームプレイ記などを連ねる闇鍋的な場所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/25 (Mon)
 水が出た、という報告を受けて歓喜した直後、会社の前の道路から噴き出してくる水。
 再び断水、水道管の工事着手。
 ……がっかり。
 昨日はそんな経緯があったものの、本日のお昼頃から会社の方にも無事に水が通った。
 会社の機械を回すにはどうしても水が必要なので、今までは地下水を汲んだりなどして対応していたが、明日からはその手間が省けそう。
 とはいえ、水量確保のための計画断水はまだまだ続いているので、フルに使えるという訳ではないが。
 あとは、漏水の修繕を頑張って貰うばかりだ。
 お風呂などに水を溜めてみると判るが、やはりまだ濁っていて、飲料水とするには抵抗がある。
 もう少し、水汲み生活は続きそうだ。

 そういえば、少し遡って日曜日のこと。
 ホームセンターへ行きがてら、開店している本屋さんを発見したので颯爽と立ち寄ってみた。
 3月15日以降の新刊は無く、入荷予定は未定とのことだったが、本屋さんという空間があるだけで何とも幸せだ。
 とてもタイムリーな設定を扱う漫画ということで気になっていたので、「COPPELION」を購入して読んでみた。
 エンターテイメントな分野では、現在、今回の震災に関する表現を自粛・中止にする動きが加速しているという。
 わたしは正直、エンターテイメント分野での自粛ムードは理解しかねる。
 この作品もそんなムードの影響を受けているようだが、連載中止にするような内容では無いと、読んでみて思った。
 ひとつの作品として純粋に楽しんで読ませていただいた。続きを楽しみに思ったし、今後も連載を頑張って欲しいとも思う。

 被災者の心境を考えての自粛ムードなのだろうけれど、例えば連載を中止したとして、かなり失礼なことを言うが……自己満足する人が多少出るだけなんじゃないのだろうか。
 上手くこの心境を伝えることが出来ないけれど、自粛って本当に復興に繋がるのかね?
 悲しみを共有することも必要かも知れないけれど……楽しむべきを楽しまない、喜ぶべきを喜ばないのもどうかしている。
 なんて、被災の一部を受けた人間が考えてみた。
 あくまで主観であることだけは強調する。

 自粛ムード然り、何事も過剰反応は良くない。
 うん、良くない。


 今日、取引先の会社のひとつからこんな連絡が来た。
 原発から半径80km圏内の会社とは取引しないことになったので、御社との取引もしばらく自粛したい。
 だ、そうだ。
 わたしの所属する会社は原発から60kmくらい。ばっちりアウト。
 その会社も東北地方の会社で、担当で対応をしていた営業さんは、同じ東北の会社として非常に恥ずかしいです、と、はっきりとその会社へ伝えていた。もうその会社とは今後の取引も無くなるかも知れない。

 一部ではこんな過剰反応もあるというお話。
 うん、良くない。
PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]