忍者ブログ
本家サイト「Queen of the Night」の更新情報や日々の戯言・ゲームプレイ記などを連ねる闇鍋的な場所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/11 (Mon)

 県内の、屋内退避指示圏内の病院各所などに、患者の移送などの手が差し伸べられたなどという情報が公開されてきている。
 後手後手な対応が目立つ中、個人だろうと何だろうと動いてくれる人は動いてくれる。
 とても温かく、ありがたい話だと思った。

 明日からまた仕事に行かなければならないので、今日は休息の日とすることにした。
 朝は苺の収穫を手伝ったが、それ以降はのんびりと過ごす。
 雨が降っていた。
 この雨を一日中浴びていたら使用済み核燃料保存プールで泳げるようになるだろうか……なんて、どうでも良い冗談を考えながら。
 ようやく、何もなければインターネット接続も落ち着いて出来る環境になったので、今まで書きためた被災後の記録も、一挙公開してみた。
 時系列が判りやすいようにわざと過去の日付で公開したが、3月11日から20日までの被災地の記録はすべて今日公開したものだ。今後は、リアルタイムな日付で公開していこうと思う。
 酷い地域に比べればわたしはまだまだましな方だけれど、被災地に関する報道は宮城や岩手が目立ち、福島は原発の状態の話ばかりが際立っているな、と。あるにはあるが、大衆の目に留まるほどでは無いんじゃないのかな、と。
 そんな風に感じたので、それによって県民に何が起きているのか、不十分ではあるけれど、いち被災者の声として少しでも伝えられたらと思っている。

 今日、友人からこんな話を聞いた。
 友人の会社関係の人間が、東京へ向かい、警察の方とお話する機会があったという。
 その際に話の中で、「福島は被災地じゃないだろう」という内容の言葉を言われたのだそうだ。
 その警察の方がどういう情報を掴み、どういう状況でその言葉を言ったのかは知らないが……正直、言葉も無い。
 結局何を言おうとも、わたし達の声なんて届かないのかなと。
 そんな風にさえ思わされて、がっかりした。
 だからこそ、小さかろうと局地に比べれば被害が少なかろうと、わたしが見聞きしたこと、感じたことを記録に残したいと強く思ったのだ。

 昨日の記事や上で挙げたとおり、無関心だったり心無い対応だったりすることもある。
 一方で、福島県浜通りから避難してきた人々を無償で受け入れてくれた旅館があるなど、温かい対応をしてくれる人々も確かにある。

 今日は随分、福島県内の被災者を映した報道を目にしたが、それはもしかしたら県内だからなのかも知れない。
 県外で、こちらの被災地の報道がどの程度なされているのか。
 関心を持ち、その声にも少し耳を傾けて欲しいな、なんて。
 そんな風に思った。

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]