忍者ブログ
本家サイト「Queen of the Night」の更新情報や日々の戯言・ゲームプレイ記などを連ねる闇鍋的な場所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/11 (Mon)
放置んぐでOPアニメ見れたー!
と、無事にアニメ堪能したのも束の間、小屋を出る前にトイレのアップルグミを回収し忘れていたことに気付く。
ファンにあるまじき行為である。
皆様もグミの回収忘れには気を付けてください。
それにしても、この小屋の前の雪だるまとか。何もなくても思わず調べちゃうよね。


第2回 【迷い子チェルシー ~ 神殿にて】  Lv7 → Lv10

迷子になっていたアルバの孫・チェルシーを無事発見したスタン達。
スタンはセインガルドの兵士に志願する目的を再開するため、首都ダリルシェイドへ向かうことを決める。
国許へ戻るというウッドロウと共に、彼は国境の町ジェノスへと向かった。


ひざを抱えてしくしく言ってるチェルシーが可愛いといえば可愛い。
てか、兄さん、ケヤキと会話とか信じるなよ。とか突っ込みつつ、わたしもこの後のスキットを聞くまでは普通に会話できる子なんだと信じていました。純真そうな目してはばかりおってからにー!!
あと、ディムロスが通訳してくれなかったら、ぼくもチェルシーが何語喋ってるんだか判らなかったよ。
戦闘は、ふたりとも弓技ばんばん使ってくれてなかなか賑やかで楽しい。
けど、前衛ひとりなので自分ばかり体力削られてゆく……防御とバックステップ好きなのにあんまり上手くない。空中攻撃も結構苦手……って、空中で魔神剣出せるだと……!?
ズボンのゴム修繕をお願いするアルバ師匠もお変わりないようで、嬉しいですね。
あと、フードサック便利すぎじゃね!
自動で料理が飛び出すとか。一人暮らしで料理苦手でも、これさえあればばっちりね!

ジェノスでウッドロウと別れ、スタンはセインガルド方面・北門へと向かう。
だが、通行証の提示を求められ、通行証を持たない彼は立ち往生。そんな時、何かに酷く困っている様子の女性・マリーと出会った。
彼女は、仲間が近くの神殿の罠に掛かってしまい、ひとりでは助けられず困っているという。
放っておけないスタンは、彼女の仲間救出を手助けするため、彼女と共に神殿へと向かった。

ウッドロウはここに来る間のスタンとのやり取りがきっかけで脱・王子☆の決意をする感じなんかなぁ。
そんなことを考えつつ、家捜ししながら北門へ。
ここで真っ先に強行突破という思考に辿り着くスタン氏に乾杯。
流石、思い切って密航するだけのことはあると思った。
マリーの再登場にもうきうきしつつ。ここの神殿へ向かうことになるまでのシーンで何が気になったって、背後で寒風摩擦し続けるじいさんが気になって仕方なかった。
そしてわたしの取った行動は、町で買い物巡りと宿泊。罠にかかってるルーティ1泊分放置です。まあ基本ですよね!
だってHP減ってたしね。
フードストラップも全部買って全部くっつけてみる。
戦闘は、飛燕連脚をおぼえた!
魔神剣もそうなんだけど、こういうお手軽に使える基本技みたいなのすきだわ。
今度は前衛ふたりになったので、ふたりしてHP減る減る。
スタンに関してはこの辺になるとディムロスの基本デバイスLv1はマスターしてたので、Lv2のゲインをつけてみた。これ超良いわ。消耗品抑えられてらくちん。
マリーが突っ込むから結局フードは減るんだけどね。
格好良いからいいけど! 格好良いからい い け ど ! !
何だろうね、わたしのこの女性キャラ大好き症候群。
それにしてもマリーの手料理、一度は食べてみたいですよね。
神殿へ突入して、スライム分裂させて遊んで、入って一番近いとこでセーブして。
今回は終了。


今回のお気に入りスキットは
【それは内緒です → 殺気】
命を狙われるほどとは。もってもてだな! 黒王子!
この流れも好きだけど、天真爛漫も面白かった。要するに雑談スキットがすき。
【これはこれで】
そうよね。記憶喪失の良さは、なってみないとわからないよね。
てか、スタンとマリーふたりだと突っ込み役がいないよね。ディムロスじゃひとりごとだし、ね……
PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]